Published by bitamin2015 on 2014年10月1日

ビタミンCの抗酸化作用

ビタミンCは美肌に欠かせない成分で、シミをの元メラニンが作るときに必要な酵素が出ないようにブロックしたり、コラーゲンを増やしたり、さらに抗酸化作用があるのです。

抗酸化作用とは、肌の酸化つまり廊下を防ぐ働きで肌トラブルの元を減らしてくれるのです。

日々の生活に欠かせない紫外線は、お肌表面の皮脂を酸化させてニキビを増やす原因にも。また酸化によって肌の糖化が進むのを抑えるので、くすみ、たるみを予防します。

ビタミンCの抗酸化作用は、こういうふうに肌全体のアンチエイジングに総合的なメリットをもたらしてくれる大事な成分なのです

ビタミンCは、シミに良いとは聞いたことがある人も、コラーゲンの生成を促がすなんて知らない人が多いのではないでしょうか。さらにコラーゲンやヒアルロン酸を作る元の細胞 繊維芽細胞を増やす働きもあるので、ビタミンCはコラーゲンやヒアルロン酸そのものを増やす働きもあるのです。

コラーゲンが増えるということは、肌の土台が整うので、しわが減りハリや弾力のあるお肌になるということです。年とともに体の中の成分は減ってしまいますが、食事や飲みもの、サプリメントで補くことによって、

体の中で作ることができないビタミンCを適量体内に取り入れ、老化速度を遅らせることは可能です。

#ビタミンC#抗酸化作用