Published by bitamin2015 on 2014年8月30日

シミには天然のビタミンCと天然のハイドロキノンを上手に利用する

天然のビタミンCの即効性と美肌効果をそのまま利用するには、高度な技術が必要です。

そこに天然のハイドロキノンを利用すると、できたシミの美白には最強!

その条件に合う化粧品があったので、使ってみました。

ビーグレンと言います。

ビーグレンの美白シリーズは、即効性と安全性を兼ねた、薬のような化粧品を体験できます。

体験談をいろいろ読んでいると、シミは繰り返してできやすい。

もしも、高い費用を使ってレーザーで消しても、できやすいということはもったいない。

美容クリニックやエステのフェイシャルを受ける前に、ビーグレンを試しもていいかも。

アトピー肌や敏感肌でも使用可能なビーグレンだから、

安心して使うことができるし、ニキビ肌もきれいになると高評価。

ビタミン誘導体って、一般の化粧品に多いけど、天然のビタミンCとどう違うの?

天然のビタミンCはとっても美白や美肌に効果があるけど、すぐに壊れちゃうのがデメリット。

新鮮なイチゴやリンゴも空気に触れるとどんどん劣化しますね。

それを化粧品に利用するのは、製薬会社の高度な技術や管理体制が必要。

だから、壊れやすい天然のビタミンCを人工的に安定化させたものがビタミンC誘導体。

肌に入るとビタミンCに変わる…というものですが・・・

実は、そもそもの配合量も少なく、その中の何パーセントがビタミンCに変わるかは不透明。

ということは、どれくらいの効果があるかも不透明。

天然のビタミンCにはおよそ及ばないと言われているんですね。

だから、天然のビタミンCって貴重です。

でも、ビーグレンの天然ビタミンC美容液も、酸性が強いのでお肌に合う合わないがあります。

敏感肌でも使えるように作ってあるけど、人それぞれ。

即効性があるかどうかは試してみないと分からないですね。

安心の全額返金保証付きです。

同様に、天然のハイドロキノンも美白効果抜群だけど壊れやすい。

それを人工的に作ったのがアルブチン。

アルブチンは、シミ予防の効果もありますが、シミ除去効果は天然ハイドロキノンの 1/10と言われています。

天然のビタミンCとハイドロキノンで、できたシミを消す最強のコンビで夏を乗り切りたいですね。

#天然ビタミンC